時には新陳代謝を

前回のエントリの続きの記事。

「学生には金がない」と言う人も確かにいる。
社会人になると、スタジアムに行く金を稼げる様にはなる。
ただ、その金を稼ぐにはそれなりの仕事をしないと。

学生はお金を払って何かをする立場だ。
社会人はお金を貰って何かをする立場だ。

学生と社会人では、求められる厳しさが当然違う。

社会人が自分の都合だけを優先するのは、許されない。
店商売なら主婦パートが休みがちな土日祝日の出勤を求められる。
医療職の人も土曜日に休むのは難しいし、病院勤務だとシフトがきつくなる。
ホワイトカラーのサラリーマンも、休日出勤を求められる場合がある。
転勤転居にも応じなければいけない。

サラリーマンは試合時刻でも仕事があれば、それを優先しなければならなくなる。
そうしないと食っていけない。

社会人には金が有っても、スタジアムに行く時間が無い。

ゴール裏に陣取っているサポーターズグループの人達も、いつまでも毎試合行ける訳ではない。
状況が変われば、スタジアムに行くのは非常に難しくなる。

だから若い人に新陳代謝するというのも、時には必要だ。
ゴール裏で音頭を取る人が世代交代する事で、歴史が作られる。
仕事や家族サービスで普段から忙しい大人は、要の試合にしかスタジアムに行けないんだから。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
スタジアムに行けない人はサポーターじゃないのか?
やっぱりサッカーは楽しい
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!