チャンピオンズリーグにもVARを

大抵のサッカー選手が一度は立ちたいと思っている舞台である、UEFAチャンピオンズリーグ。

その開幕戦であるグループステージ第1節のバレンシアvsユベントス戦で、クリスティアーノ・ロナウドがジェイソン・ムリージョの頭をポンポンする小競り合いが原因で、一発退場処分を受けた。

明らかな誤審だったにも拘らず、主審副審合わせて審判団が4人いたにも拘らず、誰も誤審を止められなかった。

※追記:追加副審が2名いるので、審判団は合計6人になる。

こういうのは、ロシアワールドカップでおなじみのVARが有れば解決出来る。

だがワールドカップでも欧州各国の国内リーグでも試されて導入されているVARが、この試合では使われていなかった。

VARを導入するには、設備も人手も掛かる。
ワールドカップでは1つの国で、どんなに多くても1日で4試合しかしなかったからこそ、このタイミングでのVARの使用が可能だった。

チャンピオンズリーグのグループステージでは、欧州各国で1日で8試合行われる。
「まだ成熟したとは言えないVARをこの段階で使うには、リスクが高い」という判断なのだろう。

ただ主審は1つのミスがその後の人生に大きく影響を及ぼす職業だ。
人間の能力では不可避な誤審もある。

避けられる不幸を防ぐために、VARの導入を急いでほしい。

※この記事の広告経由での収益金の1%を認定特定非営利活動法人MSキャビンに寄付いたします。

【PR】
クリアネオからメンズ用のボディーソープがついに登場!


◆こちらの記事もオススメ
JリーグではまだVARを使ってないの?
スペインのプロサッカーリーグのまとめ
イタリアのプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!