監督をクビにするという事

次の試合で、浦和レッズはヴィッセル神戸と当たる。

このタイミングで、よりによって神戸は監督の吉田を解任してきた。

イニエスタが居ながらマリノス、札幌、ガンバと3連敗したとはいえ、レッズサポの俺の気持ちとしては「このタイミングでなんて事をしてくれたんだ!」だ。

え、「なぜそうなるか?」って?

レッズの例を考えると分かりやすい。

今年初めに絶不調に陥ったレッズでは、監督の堀を解任してヘッドコーチの大槻が暫定監督として指揮を執った。

分析担当だった大槻は、この危機的な状況を受け「組長」として試合中にゲキを飛ばし続けた。
同じ危機的な状況にいた選手達は、組長のゲキを受け鉄砲玉としてピッチの中を走り続けた。

髪型をオールバックにして背広を着て「組長」として臨んだ試合では、負けていない。

監督を解任するという事は、残された者が死に物狂いになるという事。

そういう連中と、今度はレッズが闘う立場になる。

死に物狂いになっている相手に勝ちたければ、堀が解任された時の事を思い出そう。

どんな心構えで闘っていたか?

そこに今の神戸に勝つヒントがある。



※この記事の広告経由での収益金の1%を認定特定非営利活動法人MSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
堀が浦和を追われた理由を考える
浦和武勇録クミチョウ
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!