親善試合をなぜ国内でばかりやるのか?

9月6日に札幌ドームで行うはずだったサッカーの日本代表vsチリ代表戦が、地震の影響で中止になった。

天変地異が原因なので、中止は仕方ない。
ただ新監督の森保が結成したばかりのチームが、集団としての戦術の擦り合わせを実戦で試す貴重な機会を失ったのは残念だ。

それにしても、今の日本は天変地異が多すぎる。
大阪の関西空港は台風で半壊したままだし、その少し前にも台風で広島、岡山、愛媛辺りが滅茶滅茶になっている。
今の日本の夏は中央アフリカや東南アジアより暑く、普通に考えるとスポーツの試合を開催するのは難しい。

日本がそんな状況なら、いっそのこと海外で親善試合をすればいい。

それが、今決まっている日本代表戦はというと、

9月11日
◆キリンチャレンジ杯(吹田)
日本代表 vs コスタリカ

10月12日
◆キリンチャレンジ杯(デンカ)
日本代表 vs パナマ

10月16日
◆キリンチャレンジ杯(埼スタ)
日本代表 vs ウルグアイ

11月16日
◆キリンチャレンジ杯(大銀)
日本代表 vs 未定

11月20日
◆キリンチャレンジ杯(豊田)
日本代表 vs 未定

5試合全部国内開催じゃねえか!

どのスポーツの大会でも全ての試合を中立地開催にするか、ホームとアウェーの試合数を同じにして開催するかだ。
力士だって、強くなるためによその部屋に出向いて出稽古をする。
ホームでだけしか試合しないのに「強化試合」と言い張るのはサッカー日本代表だけだ。

それでも今後控える大きな大会を日本でやるなら、日本でばかり強化試合を組むのもまだ分かる。
次の五輪の開催地は東京だから、年齢制限のある代表なら国内でずっと試合していて構わない。

だが、これはU-21の代表ではない。
年齢制限のないA代表だ。
次回のワールドカップの開催地は日本ではなくカタールだ。

カタールで大一番をやるのに、日本でばかり試合していていいのか?

そして今の日本はとにかく災害が多すぎる。
すぐ後に控えているコスタリカ代表戦の会場は吹田スタジアムだが、台風21号で高速道路や一般道の道路事情や電気の供給などは問題ないのか?
今年はもう激烈な台風が来ないという保証はできるのか?

この甚大な被害が出てる中、日本代表戦を国内でばかり開催し続けるのは正しいか?

何も俺は「日本で親善試合をするな」と言いたいわけじゃない。
日本と海外で同じくらいの試合数で親善試合を組んでほしいだけだ。

金儲けばかりに走って、本当にやるべきことを見失わないでほしい。

◆こちらの記事もオススメ
森保の新しい日本代表に選んだ選手について
Jヴィレッジ再始動イベントに行ってみた
命を守る判断を。命を守る行動を

Follow me!