宮本のガンバ監督就任について

成績不振の為レヴィー・クルピの監督職を解任したガンバ大阪が、宮本恒靖を監督職に就任させた。

ガンバにとっては取って置きの切り札だと思う。

チームの起爆剤になるか?
空回りに終わるか?

要注目だ。

一方、解雇された側のクルピもツイッターでメッセージを届けている。

ガンバは間違った監督と契約した。フロントの仕事と結び付けないのが私の流儀だ。1つになる事など無かった。以前来日していた時は、私はいつも幸せに働いた。だが今回は確かに何かが与えられなかった。団結が無かった。サッカーとはこんなモンだ。人生は続くんだ!

ガンバ公式サイトにクルピの弁が無い事からして、とてもクラブでは公に出来ない状況での喧嘩別れだったと推察できる。

クルピの言っている台詞が正しいかどうかは、今後のガンバの戦績が証明することになる。

宮本のチームを倒したいぜ。

ところでガンバ戦の観戦や大阪に行く際の参考に。

JALで行く、格安国内旅行なら【ニーズツアー】!

※この記事の広告経由での収益金の1%を認定特定非営利活動法人MSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
「イニエスタにブーイングなんて」と言う者に告ぐ
「マキノトモアキ」という生き方
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!