ノルウェーのプロサッカーリーグのまとめ

ノルウェーのプロサッカーリーグについてまとめてみました。

◆公式サイト
https://www.eliteserien.no

◆連盟
欧州サッカー連盟(UEFA)

◆1部リーグ名称
エリテセリエン(Eliteserien/Eliteserien)

◆所属チーム数
16

◆試合形式
リーグ戦(1ステージ制/ホーム&アウェー2回戦総当たり)
※試合数30

◆開催期間
5月上旬〜11月下旬

◆移籍期間
2021年は1/15〜3/24、4/29〜5/12と8/1〜8/31

◆順位決定方法
勝ち点→得失点差→総得点→直接対決での勝ち点→直接対決での得失点差→直接対決でのアウェーゴール数(同勝ち点が2チームの場合のみ)→直接対決での総得点→プレーオフ(優勝チームや降格チームを決める場合のみ)

◆チャンピオンズリーグ枠
0.0625(エリテセリエン優勝クラブが予選1回戦より参戦)
※ノルウェー・カップ優勝クラブ及びエリテセリエン準優勝、3位のクラブはヨーロッパカンファレンスリーグ予選2回戦に参戦

◆2部リーグ(ノルウェー1部リーグ/Norwegian First Division/OBOS-ligaen)
16チームが所属。1ステージ制でホーム&アウェー2回戦総当たり。

◆昇降格枠
2.5(エリテセリエンの15位、16位のチームとノルウェー1部リーグの1位、2位のチームが自動昇降格。エリテセリエンの14位のチームとノルウェー1部リーグの3〜6位のチームが昇降格プレーオフに参戦)

◆それ以外の大会
◇ノルウェー・カップ(Norwegian Football Cup/Norgesmesterskapet i fotball for menn)
エリテセリエンを始めとするノルウェーの1〜5部リーグ相当クラブが参加する一発勝負のトーナメント方式の大会。本戦は5月下旬から翌年5月上旬まで開催。エリテセリエン勢は1回戦(ラウンド128)より参戦。
◇メスターフィナレン(Mesterfinalen/Mesterfinalen)
エリテセリエンとノルウェー・カップの優勝チーム同士が対戦する一発勝負の大会。

◆平均入場者数
295人(2020年)

◆チーム名
FKボデ/グリムト(FK Bodo/Glimt//Fotballklubben Bodø/Glimt)
SKブラン(SK Brann/Sportsklubben Brann)
FKハウゲスン(FK Haugesund/FK Haugesund)クリスチャンスンBK(Kristiansund BK/Kristiansund Ballklubb)
リールストロムSK(Lillestrom SK/Lillestrøm Sportsklubb)
ミェンダーレンIF(Mjondalen IF Fotball/Mjøndalen Idrettsforening Fotball)
モルデFK(Molde FK/Molde Fotballklubb)
オッズBK(Odds BK/Odds Ballklubb)
ローゼンボリBK(Rosenborg BK/Rosenborg Ballklub)
サンデフィヨルド・フォトバル(Sandefjord Fotball/Sandefjord Fotball)
サルプスボルグ08(Sarpsborg 08 FF/Sarpsborg 08 Fotballforening)
スターベクIF(Stabekk Foftball/Stabæk Fotball)
ストレームスゴトセト・トップフットボール(Stromsgodset Toppfotball/Strømsgodset Toppfotball)
トロムソIL(Tromso IL/Tromsø Idrettslag)
バイキングFK(Viking FK/Viking Fotballklubb)
ヴォレレンガ・フォトバル(Valerenga Fotball/Vålerenga Fotball)

◆最近の概要
新型コロナウイルスの世界的蔓延を受け、本来4月4日に開幕予定だった2020年シーズンのエリテセリエンの開幕日は数回の再延期を経て6月16日にずれ込んだ。この日程変更が影響し、カップ戦であるノルウェー・カップが中止になった。
2020年シーズンの1試合当たりの平均観客動員数は、その前年の5773人から295人にまで落ち込んだ。前年比にして実に95%もの下げ幅になった理由は、2020年シーズンの開幕当時のスタジアムの収容人員の上限が200人までとなっていて、その後も600人上限という厳しい規制がされていた為である。
「フィヨルドの国」であるノルウェーは国土全体に渡りスカンディナヴィア山脈が背骨になっている為、国土は山がちであり可住地域が非常に狭い。エリテセリエンの7割のクラブが首都オスロのある最南部に集中しているが、現在浦和レッズで活躍しているキャスパー・ユンカーの2020年シーズンの所属クラブだったFKボデ/グリムトは例外で、ノルウェー北部のノルウェー海沿岸にある。このクラブで彼は2020年シーズンのエリテセリエン得点王(27ゴール)になりクラブは初優勝。MVPも受賞した。なおユンカーは6月22日のFKハウゲスン戦と7月6日のSKブラン戦でハットトリック(スコアはそれぞれ6-1、5-0)を記録している。
Jリーグを代表するストライカーのルーツとなっているリーグとして注目していると共に、末長い発展を願っている。

◆最終更新日時
2021/7/4

◆こちらの記事もオススメ
オランダのプロサッカーリーグのまとめ
ベルギーのプロサッカーリーグのまとめ
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!