シンガポールのプロサッカーリーグのまとめ

シンガポールのプロサッカーリーグについてまとめてみました。

◆公式サイト
http://spl.sg

◆連盟
アジアサッカー連盟(AFC)

◆1部リーグ名称
シンガポールプレミアリーグ(Singapore Premier League)
※通称SPL

◆所属チーム数
8

◆試合形式
リーグ戦(1ステージ制/ホーム&アウェー3回戦総当たり)
※試合数21

◆開催期間
3月中旬〜9月中旬

◆移籍期間
2021年は1/1〜3/19と5/17〜6/13

◆順位決定方法
勝ち点→得失点差→総得点→勝利数

◆ACL枠
1(SPL優勝チームがグループステージから参戦)
※SPL準優勝チームとシンガポールカップ優勝チームはAFCカップグループステージに参戦
※アルビレックス新潟シンガポール、ヤング・ライオンズにはACL、AFCカップへの参加資格はなし

◆2部リーグ
なし

◆昇降格枠
なし

◆それ以外の大会
◇シンガポールカップ(Singapore Cup)
ヤング・ライオンズを除くSPL所属チームが参加する国内カップ戦。2組に分けて行うグループリーグを勝ち上がった4チームがトーナメントを闘う。基本ホーム&アウェー方式で、決勝のみ一発勝負。2019年は9月下旬から11月上旬まで開催
◇シンガポール・コミュニティ・シールド(Singapore Community Shield)
SPL優勝チームとシンガポールカップ優勝チームが対戦する大会。SPL開幕直前に開催

◆平均入場者数
不明

◆チーム名
アルビレックス新潟シンガポール(Albirex Niigata Singapore FC)
バレスティア・カルサFC(Balestier Khalsa FC)
ゲイラン・インターナショナルFC(Geylang International FC)
ホウガン・ユナイテッドFC(Hougang United FC)
ライオン・シティ・セーラーズFC(Lion City Sailors FC)
タンピネス・ローバースFC(Tampines Rovers FC)
タンジョン・パガー・ユナイテッドFC(Tanjong Pagar United FC)
ヤング・ライオンズ F.C.(Young Lions FC)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

使える・話せる・英単語 日本語ですばやく引ける [ 川口孟己 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/6/21時点)

楽天で購入

◆最近の概要
世界中に拡大している新型コロナウイルスによりSPLは3月から10月まで約7ヶ月の中断と試合数の削減を強いられ、シンガポールカップは中止になった。出社した事が発覚したビジネスマンが即座に24時間以内の国内退去を命じられ永久入国不可を課される程の非常に厳格な遮断措置の下では選手は練習すらままならない。これは特に原則23歳以下の参加資格があるヤング・ライオンズ F.C.とアルビレックス新潟シンガポールの選手にとって辛い現実だった。そして今は数少ない越境クラブだったブルネイDPPMが感染防止のためのブルネイ政府の入国禁止措置により3月6日の第1節を最後にSPLに参戦出来なくなり(現在はブルネイスーパーリーグに参戦中)、色々と対応を強いられた。
東京都並みの広さしかないシンガポールでは他の国のように多くのクラブが参戦できない。それでもヤング・ライオンズ F.C.の様に実質国家代表クラブをこしらえたりアルビレックス新潟シンガポールの様な越境クラブを招聘したりの工夫をしてきた。前者は戦績の低迷が続いて批判を招いているが、後者は好成績を叩き出している。
Jリーグのクラブのサテライトチームであるアルビレックス新潟シンガポールの所属選手以外にも土井智之(ホウガン・ユナイテッドFC)、仲村京雅(タンピネス・ローバースFC)といった選手がいる。日本人選手の多いリーグである。
新型コロナウイルスの収束とサッカー界の活性化を願っている。

◆最終更新日時
2021/6/21

◆こちらの記事もオススメ
タイのプロサッカーリーグのまとめ
ミャンマーのプロサッカーリーグのまとめ
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!