ボリビアのサッカーリーグのまとめ

ボリビアのサッカーリーグについてまとめてみました。

◆公式サイト
http://fbf.com.bo/campeonatos/division_profesional/3

◆連盟
南米サッカー連盟(CONMEBOL)

◆1部リーグ名称
リーガ・デ・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノ(Bolivian Primera División/Primera División de Bolivia)
※通称LFPB

◆所属チーム数
16

◆試合形式
リーグ戦(1ステージ制/ホーム&アウェー2回戦総当たり)
※試合数30

◆開催期間
3月上旬〜12月中旬

◆移籍期間
2021年は1/6〜3/30と7/1〜7/28

◆順位決定方法
勝ち点→プレーオフ(最も勝ち点の多いチームが2つある場合のみ)→得失点差→総得点→アウェーゴール数→抽選

◆コパ・リベルタドーレス枠
2.375(リーガ・デ・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノの優勝チームと準優勝チームがグループステージから、3位のチームが予選2回戦から、4位のチームが予選1回戦から参戦)
※リーガ・デ・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノの5〜8位のチームはコパ・スダメリカーナのファーストステージから参戦

◆2部リーグ(シモン・ボリバル・ナシオナルB/Copa Simon Bolivar/Simón Bolívar Nacional B)
36チームが所属。詳細は不明。

◆昇降格枠
1.5±0.5
※LFPBの17位のチームが昇降格プレーオフに回り、18位のチームが自動降格。シモン・ボリバル・ナシオナルBの1位のチームが自動昇格。2位のチームは昇降格プレーオフに回る。

◆それ以外の大会
なし

◆平均入場者数
不明

◆チーム名
クラブ・オールウェイズ・レディー(Club Always Ready/Club Always Ready)
クラブ・アトレティコ・パルマフロール(Club Atlético Palmaflor/Club Atlético Palmaflor)
クラブ・アウロラ(Club Aurora/Club Aurora)
クラブ・ブルーミング(Club Blooming/Club Blooming)
クラブ・ボリバル(Club Bolívar/Club Bolívar)
CDグァビラ(Club Deportivo Guabirá/Club Deportivo Guabirá)
クラブ・インデペンディエンテ・ペトロレロ(Club Independiente Petrolero/Club Independiente Petrolero)
クラブ・ホルヘ・ウィルステルマン(C.D. Jorge Wilstermann/Club Deportivo Jorge Wilstermann)
ナシオナル・ポトシ(Nacional Potosí/Club Atlético Nacional Potosí)
オリエンテ・ペトロレロ(Oriente Petrolero/Club Deportivo Oriente Petrolero)
クラブ・レアル・ポトシ(Club Real Potosí/Club Real Potosí)
レアル・サンタ・クルス(Real Santa Cruz/Club Real Santa Cruz)
CDレアル・トマジャポ(C.D. Real Tomayapo/Club Deportivo Real Tomayapo)
ロイヤル・パリFC(Royal Pari F.C./Royal Pari Fútbol Club)
クラブ・サン・ホセ(Club San José/Club San José)
ザ・ストロンゲスト(The Strongest/Club The Strongest)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

使える・話せる・スペイン語単語 日本語ですばやく引ける [ ノルマ・C.スモモ ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/6/20時点)

楽天で購入

◆最近の概要
ボリビアのサッカーシーンは新型コロナウイルスに翻弄される驚天動地の舞台になってしまった。
元大統領のモラレスが標高6500mを超える山でサッカーをする動画を流して「高地でもサッカーが出来る」事を誇示したボリビアのサッカーリーグも新型コロナウイルスには勝てず、2020年3月16日をもってリーガ・デ・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノの前期リーグであるアペルトゥーラが中断に追い込まれた。
ここまでは他の国と同様であり、その例に則れば遅くとも9月頃にはリーグを再開出来たはずだが、不幸なことにFBF(ボリビアサッカー連盟)会長のセサール・サリナスが新型コロナウイルスの罹患により7月19日に亡くなってしまった。これによりボリビアのサッカー界は大混乱に陥り、アペルトゥーラの再開が11月28日まで長引いた。8ヶ月以上も中断してしまうと12月31日までアペルトゥーラの日程を消化するのが精一杯であり、後期リーグのクラウスーラは結局実施されず「降格クラブなし」という決着を見た。これまでの2シーズン制が1シーズン制になって2020年を終えた形だが、年が変わった2021年もこの1シーズン制の流れが続いている。
平穏の下にサッカーを楽しめるのを願っている。

◆最終更新日時
2021/6/20

◆こちらの記事もオススメ
アルゼンチンのサッカーリーグのまとめ
ウルグアイのサッカーリーグのまとめ
日本のサッカーリーグのまとめ

Follow me!