自分勝手な連中に流されないために

広範な地域に甚大な被害をもたらした台風19号で被災された方々に心よりお見舞いを申し上げる。

この台風で見過ごすことのできない件が2つある。

二子玉川の水害と八ツ場ダムの件だ。

この台風で多摩川が氾濫し、流域の二子玉川に凄まじい被害が発生した。

多摩川は過去にも氾濫してきた川だ。

東急田園都市線の二子玉川駅から二子新地駅の間を多摩川が通る。

あの辺りの堤防は非常に低い。

あの辺りには割と広い河川敷があるが、大雨が降ると河川敷が水に浸かる。
その姿を見るたびに「もっと高い堤防を作らないと、絶対に危ない」と思ったものだった。

だが一向に堤防が作られる気配がない。
それもそのはず。「二子玉川の環境と安全を考える会」という団体が多摩川に堤防を作るのを反対していたのだ。

もちろん堤防を作るのに「反対派」だけでなく「賛同派」もいた。
「反対派」の言い分は「素晴らしい景観が高い堤防で犠牲になる」

「賛同派」の言い分は「水害から命や財産を守るのに高い堤防は不可欠」

今の今まで高い堤防が出来なかった。
これは「反対派」の方が「賛同派」より力が強かった事を示している。

そしてこの台風で、最悪の形で結論が出た。

「反対派」の力が強かった結果、素晴らしい景観も財産も流された。
「二子玉川の環境と安全を考える会」の公式サイトを閲覧することは、もうできない。

もう1つの件である八ッ場ダムでも、建築反対運動が起こっていた。

こちらは主に政治家が中心になって反対運動を主導した。
理由はダム下流の温泉街が水没し、その近辺を走る鉄道路線の存続にも影響を及ぼすからというものだった。

こちらも何十年も建築工事が難渋していた。
中には大臣就任直後に共同事業者の意見すら聞くこともなく八ッ場ダムの事業中止を明言した者もいた。

その後事業は進行し、本格運用を待つばかりとなった。
その時に台風19号が猛威を振るったが、その時に降った雨をダムが貯めてくれたおかげで利根川流域の千葉県や茨城県県南地域の広い範囲が水没するのを免れた。

もし「あのまま八ッ場ダムが建築中止になっていたら」と考えると、背筋が凍る。

二子玉川の件と八ッ場ダムの両方の件に共通して言えるのは、反対意見を常識と考えていた人が多くいただろうということだ。

ここで考えてほしい。

反対運動に躍起になった人はどういう立場か?

二子玉川の件の場合は、例えばこういうケースが考えられる。

景観の良さを宣伝して、住民の支持を得たい政治家。
同じく景観の良さを売り物にして、高価格帯のメニューを売りたいレストランの経営者。
景観の良さに集まる社会的地位の高い住民から少しでも高く家賃を取りたい地主。

八ッ場ダムの件の場合は、例えばこんなところだろうか。

移転を迫られ切羽詰まった温泉街の住人から賄賂を貰いたい政治家。
何か目立った業績を上げて与党に対抗する材料を作りたい政治家。
自分では何1つ対案を作る気がなく、与党の案を潰すことしか能のない政治家。

つまり自分の利益のためだ。

自分の利益のために、反対運動の音頭を取っていた。

「二子玉川の環境と安全を考える会」のメンバーは、今回の台風で多摩川が氾濫して流域の水没を招いたことについて絶対に責任を取らない。

八ッ場ダムの建築に反対した歴代の政治家は、誰1人絶対に誤ちを認めない。

自分の利益しか考えない、自分勝手な連中だ。

そんな連中に流されないようにするためには、どうすれば良いか?

常識を疑え。

常識とは「その考え方が常識でないと困る」と考える者が作り上げ、宣伝してきたものだ。

命あっての物種だ。
どんなに財産を貯めても、命が流されればそれまで。
財産なんか洪水で一瞬にして流される。

常識に流されるな。
自分の頭で考えよう。

※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
超大型台風対策10ヵ条
台風の時は休もう
それでもやっぱり台風の時は休もう

Follow me!