異なる意見を叩くのはやっぱり粋じゃない

ツイッターでアンケート企画をしてみた。

浦和レッズの監督のオリヴェイラをどう思うか?

結果は

◆応援しよう! 85%
◆解任だ! 15%

レッズサポしか目を向けないであろうこのアンケートに666票も集まりました。

投票して下さった方、ありがとうございます!

666票。なぜそんなキリの良い数字に?

今、レッズはJリーグではACL圏外の6位。

結果も苦戦しているが、
それ以上に内容も苦戦している。

そしてACLでは第3戦、第4戦で全北現代モータースに連敗した。
グループステージの3分の2が終わった現時点でラウンド16進出圏外のグループ3位に転落してしまった。

こういう少々微妙な時期に行われたアンケートである。

続投派が8割以上の圧倒的多数を占めている。
俺も続投派だ。

ただし今の俺はだ。

もしタイムマシンで数年前の俺を呼んでこのアンケートを行えば、間違いなく「解任だ!」を選んでいたに違いない。

柏木が怪我かどうか分からないが欠場。
橋岡も欠場。
槙野は体調不良。

レッズは飛車角銀落ち。
全北現代はほぼ五体満足。

この状況で内容も結果も圧倒するのは、無理がある。

その意味で「オリヴェイラにはもう少しチャンスを与えても良いんじゃないか」と俺は思う。

そもそも事情というものがある。

怪我や体調不良の選手の代わりに違う選手が出ても、元々いた選手と同じプレーは出来ない。
周りの選手とのコンビネーションだって、すぐには合わない。
違う選手を補強しようにも、移籍ウインドーというものもある。

数年前の俺は、こういう事情が分からなかった。
或いは分かっていても、ついつい忘れがちだった。

そんなかつての俺がこんな場面を見たら、「解任だ!」と叫んでしまう。

その辺の事情が分かる今の俺には、そういう事は言えない。
「もう少し見守ろう」となる。

ただその今の俺にしても、レッズで起こっている全てが分かっているわけじゃない。
85%もの「続投派」にしても、それは同じだ。

クラブハウスの内側で何が起こっているか、サポーターの誰も知っているわけがない。

あくまで例え話に過ぎないが、
もしかしたらロッカールームでオリヴェイラの発した一言が、選手の心を折っているのかもしれない。
ビデオルームで語る戦術の説明が拙いのかもしれない。

仮にだけど、そういう事情をサポーターが知れば、当然ほとんどのサポーターは「解任派」に回るはずだ。

もちろんそんな事情など知る由もない。
俺は「そんな馬鹿な真似などない」と信じている。

そんな訳で、今の俺は「続投派」だ。

だからと言って15%の「解任派」を批判する気は、俺にはない。
大体かつての俺が「解任派」だったし。

「解任派」の中には、数年前の俺のように台所事情がよく分からないまま批判しているパターンがあるだろう。
もしかしたら85%の「続投派」には見えないオリヴェイラの醜い部分が見えてしまって、批判しているのかもしれない。

ちょっとしたキッカケで「解任派」は「続投派」に変わる。
ちょっとしたキッカケで「続投派」は「解任派」に変わる。

「続投派」が「解任派」を批判する。
「解任派」も「続投派」を批判する。

そういう血みどろの争いをツイッターで結構見かけた。

それも批判なんてモンじゃない。

本名、学校名といった個人情報を割り出してまで、異論を持つ者を粉々になるまで徹底的に潰す。

なぜ、そこまでする必要がある?

俺とアンタで意見が違う。
それならそれで良いじゃないか!

なぜ他人の意見を無理矢理変えようとするのか?
なぜ異なる意見を持つ者をマトモな社会生活を送るのが難しくなるまで叩くのか?

出る杭は打つ。
出てなくても打つ。
めり込んでも打つ。
打って打って打ちまくれ。
穴が空いても打ちまくれ。

その先に何があるのか?

出る杭を打ちまくって穴だらけになった板なんて、粋じゃない。

異論を持つ者を排除し、
1つの意見しか許さない。
排除のためには実力行使も辞さない。

そんなゴール裏で、迫力ある応援を続けられるのか?

そういう意味で、今の一部のレッズサポーターの輩の姿勢には疑問を感じている。

迫力ある応援をするためには、ある程度の数が必要だ。

どう逆立ちしたところで、1人で3人分の声など出ない。

異論を持つ者を排除し続けた先には、寂しい世界が待っている。
そんなの粋じゃない!

「アンタの意見はそうだろうけど、俺の意見は変わらない」
「色んな意見が有って当然だけど、俺の意見はこうだ」

これで良いじゃねえか!

どうか異論を持つ者同士で、血みどろの抗争を繰り広げないでほしい。

これが最近強く感じる事の多い、俺からのささやかな願いだ。

それでも自分と意見の違う人を叩くのをやめようとしない者に訊きたい。

愛しているのはサッカーとリンチのどっちだ?

Love football?

※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
ゴール裏は熱く応援するエリアか否か?
We are REDSと言うけれど
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!