volente-048に行ってみた

俺は浦和レッズのサポーター。

埼スタにはよく行く。
浦和の街にもよく行く。

そんな俺だが、実は浦和のサッカーバーをよく知らない。
力(サッカーバーというより、サッカー居酒屋では?)とTINA LOUNGE位しか知らない。

なので、インターネットで調べてみた。

スポカフェの「浦和」の項目には6件載っていた。

その中でお洒落な店のこのページを見てみた。

「volente-048」

名前からして「立派なサッカーバーにするのを夢見て、念願の店を作りました!」感が満載だ。
「新しいスタイルのフットボールバー」と自信有り気に書いてある。

何しろ「volente」。ボランチだからな。

念のために、他のページも調べてみた。

Patheeのページには「テレビモニターを4台完備!」と記載されている。
これは、めちゃくちゃ本格的なサッカーバーなんじゃないか?

シアターハウスのページにも「スポーツバーvolente-048では、2階の窓に貼り付け外を歩いている人たちにも見えるようにしている」とある。
透過型スクリーンを使った特殊な技法らしい。

うおおおおおおおおおお!!!
期待値がうなぎ登りじゃねえか!

ここまで情報が並んでいて、サッカーを楽しめない店なワケがない!

思い立ったが吉日。
早速昼下がりの浦和の街に繰り出した。

浦和駅西口の商店街の雑踏の中をくぐり抜けた一角に、volente-048は有る。

なんとも小洒落た雰囲気だ。

中1階や中2階がある。
店内には広々とした空間が広がっている。

中1階のバーに着席した。

ランチタイムの閉店時刻は14時半。
14時前なので、大急ぎで日替わりパスタコースを注文した。

サラダもパスタも程よいボリューム。
癖のない味で、とっても旨い。

時間を気にしながら、急ピッチで食事した。

食事し終わって会計を頼もうかと思った時、ちょっとした違和感が気になった。

「浦和のサッカーバーなのに、どういう訳か紅い物が見当たらない」

サッカーバーならクラブのグッズとか、記念品とか、もうちょっと何か置いてあっても良さそうなのに。
いくら公式戦のない日とはいえどもだ。

それでももうすぐ14時半。
そんな疑問は脇に置き、急いでレジに向かった。

会計を払う時、店員に日頃レッズのサッカー中継はどんな風に行っているのかを訊いてみた。
そうしたら、店員からはこういう答えが返ってきた。

「現在はサッカー中継は行なっておりません」

毅然と言い切った。

え? 透過型スクリーンは?
4台のテレビモニターは?
新しいスタイルのフットボールバーなんじゃないのか?

頭の中に「?」が沢山湧いて出てきた。

それでも、ここまで来て引き下がるわけにも行かない。

「日本代表戦は?」と食らいついてみた。

「行なってないですね」

なんともツレない返事だ。

そう言えば店内には大型スクリーンは見つからなかった。

今頃になって基本的な事に気付いた。

それでも「ボランチ」という言葉を店名の中に入れるほどの店だ。
サッカーバーとして紹介するサイトが沢山ある。
間違いなく過去にはレッズのサッカーを中継していたはずだ。

それが今では、サッカーのサの字も感じさせない雰囲気になっている。

敢えて訊かなかったが、サッカー中継が中止に至った理由が非常に気になる。

これ以上何を書いても憶測の域を出ない。
書けば何が起こるかも容易に想像出来る。

この件については、不特定多数が見られる場にはこれ以上書く気はない。

ただ店員の、あの毅然とした物言いが忘れられない。

volente-048

〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町1-10-15
ATビル1F
tel:048-711-4208
火曜日定休
営業時間は11:30〜14:30(ラストオーダーは閉店1時間前)/17:00〜24:00(ラストオーダーは閉店30分前/金土祝前日は26:00まで営業)

※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
サッカーをビジネスにするのはこれほど大変なのか
陽気なブラジル人の陽気なサッカー熱
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!