最初の試合は難しい

浦和レッズの待ちに待った2019年のJリーグが始まった。

相手はベガルタ仙台。
前回の対戦の時の様な音楽の演奏絡みのトラブルは無かった模様。

ベガルタ仙台の監督である渡邉晋が浦和サポーターが少ししか入れない様に席割りを社長にお願いしていた手前「仙台サポーターが席を埋められなければダサいだろ」と思っていた。

蓋を開けてみれば、入場者数は18,567人。
会場のユアテックスタジアム仙台には2万人入れられないことを考えると、満員御礼と言っていい。

さて、試合の方は先週のゼロックススーパーカップに引き続き無得点。

ゴールシーンの熱い感覚を、そろそろ味わいたい。
俺はゴールに飢えている。

今節の試合結果はこちら。

セレッソ大阪 1-0 ヴィッセル神戸
サガン鳥栖 0-4 名古屋グランパス
サンフレッチェ広島 1-1 清水エスパルス
ベガルタ仙台 0-0 浦和レッズ
川崎フロンターレ 0-0 FC東京
ガンバ大阪 2-3 横浜F・マリノス
ジュビロ磐田 1-1 松本山雅
鹿島アントラーズ 1-2 大分トリニータ
湘南ベルマーレ 2-0 コンサドーレ札幌

名古屋グランパスの4ゴールが眩しい。眩しすぎる。

武富が湘南ベルマーレに移籍して早速ゴール。
なぜそれをレッズでやってくれなかった?

今節はACL参戦組が軒並み不調。
よく闘うチームほど初戦は難しいのか。

ちなみにこれはACLでレッズと当たる北京国安やブリーラム・ユナイテッドにとっても同じみたいだ。
もっとも北京国安の場合は国内リーグの初戦ではなく中国スーパーカップ、つまり今年の公式戦の初戦だが。

上海上港 2-0 北京国安
ブリーラム・ユナイテッド 2-2 チョンブリ

ライバルが苦しんでいる今だからこそ、レッズはしっかり勝って優位に立ちたかった。

結果はどうあれ、熱狂の週末が帰ってきた。
次は勝利で熱狂したい。

※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
だからレッズサポーターは叩かれる
俺達にはサッカーがある。Jリーグがある
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!