実はJリーグに飢えている人は多い

いよいよJリーグが始まる。

2019年のゼロックススーパーカップがいよいよ目前に迫っている。
2月16日に行われるこれは、来週にJリーグが開幕する事を告げるイベントでもある。

昨年のJリーグ王者の川崎フロンターレと天皇杯王者の浦和レッズが闘う一発勝負の大会だ。

6万人以上入る埼玉スタジアム2002でのチケットが完売した。

それほどまでにサッカーに、Jリーグに飢えている人は多い。

この事実を新聞やテレビは報道しない。

ツイッターで見た限りの情報だが、今も紙新聞やテレビといったオールドメディアのスポーツニュースではプロ野球のキャンプ情報で尺のほとんどを埋めている様だ。

こういうのしか見ない古い人達は「日本のスポーツ全体が今はオフシーズンだ」と大真面目に思っている。

古い人達にはJリーグが今も健在である事とか、Bリーグが思いっきりシーズン中である事など想像すらできない。

だから大真面目に「Jリーグなんて、まだやってるの?」と言ったりする。

埼スタから帰ってきた真っ赤っかな人達や水色の服着た人達の前でこんな事を言えば、どうなるか?

「何言ってんだこいつ?」

言った者はイタい人認定される。

人の縁なんて、どう転がるか分からない。
転職や結婚などで、そういう人と巡り合う事がある。

その時に「あの時のイタい奴だ」と認知されれば、もう二度と真剣な話を振ってもらえなくなる。

それほどネットに目を向けている人と目を向けない人の断絶は深い。
それほど真実を知る人と騙されている人の断絶は深い。

サッカーの真実はスタジアムにある。

ツイッターで流れるサポーターのつぶやきの中には、目撃した真実がかなり入っている。

オールドメディアは真実を報道しない。

ごく一部のキャンプ中の種目の団体だけが盛り上がっている様に伝えないと、具合が悪い。

そんなんだからどんどん紙新聞離れが起こる。

今に古いメディアは、今何が流行っているかをきちんと伝える新しいメディアに吸収合併されるだろう。

その時、報道のあり方がガラッと変わる。

古い人達は、そのあまりにも急激な変化に付いていけないだろう。
古い人達は、その時「自分は置いていかれてしまった」と痛感する。

そうならない様に、真実を知ろう。

スタジアムに行ける人は、スタジアムに行こう。

そうすれば新聞やテレビがとても安っぽく感じるはずだから。
「今まで騙してきたんだ」と悟り、古いメディアのニュースに見向きもしなくなるだろうから。

スタジアムに行けない人は、浦島太郎にならない様にせめてSNSには敏感になろう。

オールドメディアが流すニュースは、人間を愚かにする。

真実は現場にある。

現場に行こう。
スタジアムに行こう。

どれだけJリーグに飢えている人が多いかを知ろう。

※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
曖昧なルールで浦和レッズが処罰されるなんて!
日本でのサッカーコンテンツの伸び代は大きい
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!