オランダのプロサッカーリーグのまとめ

オランダのプロサッカーリーグについてまとめてみました。

◆公式サイト
https://eredivisie.nl/nl-nl/

◆連盟
欧州サッカー連盟(UEFA)

◆1部リーグ名称
エールディヴィジ(Eredivisie/Eredivisie)

◆所属チーム数
18

◆試合形式
リーグ戦(1ステージ制/ホーム&アウェー2回戦総当たり)
※試合数34
※4〜7位のチームはヨーロッパリーグプレーオフに参戦(2段階方式のホーム&アウェイ方式のトーナメント)

◆開催期間
8月上旬~5月下旬

◆ベンチ入り枠/交代枠
9人/3人

◆累積警告
不明

◆外国人登録枠など
不明

◆移籍期間
2019-2020シーズンは6/11〜9/2と1/3〜1/31

◆順位決定方法
勝ち点→得失点差→総得点→直接対決での勝ち点→直接対決での得失点差→直接対決でのアウェーゴール数→直接対決での総得点→優勝チーム、降格チーム、国際大会出場チームを決める場合はプレーオフ。そうでない場合は抽選→PK戦(プレーオフのみ)

◆チャンピオンズリーグ枠
0.375(エールディヴィジ優勝クラブが本予選3回戦より参戦。準優勝クラブが予選2回戦より参戦)
※KNVBカップ優勝クラブはヨーロッパリーグ本戦にストレートイン
※エールディヴィジ3位のクラブおよびヨーロッパリーグプレーオフを勝ち抜いたクラブはヨーロッパリーグ予選2回戦より参戦

◆2部リーグ(エールステ・ディヴィジ/Eerste Divisie/Eerste Divisie)
20チームが所属。ホーム&アウェー2回戦総当たり。

◆昇降格枠
2.6
※エールディヴィジ18位のクラブとエールステ・ディヴィジ1位のクラブが自動昇降格。
※エールディヴィジ16位、17位のクラブとエールステ・ディヴィジ2〜9位のクラブが昇降格プレーオフに参加。ホーム&アウェー方式のトーナメントを勝ち上がった2クラブが来期エールディヴィジ所属。残りの8クラブが来期エールステ・ディヴィジ所属。

◆それ以外の大会
◇KNVBカップ(KNVB Cup/KNVB Beker)
プロチームもアマチュアチーム参加する一発勝負の大会。エールディヴィジ勢は本戦1回戦(ラウンド64)より参戦。開催期間は10月下旬から4月中旬。
◇ヨハン・クライフ・スハール(Johan Cruyff Shield/Johan Cruijff Schaal)
エールディヴィジとKNVBカップの優勝チーム同士が対戦する一発勝負の大会。エールディヴィジ開幕1週間前に開催する。

◆平均入場者数
18,004人(2018-2019シーズン)

◆チーム名
ADOデン・ハーグ(ADO Den Haag/ADO Den Haag)
アヤックス・アムステルダム(AFC Ajax/AFC Ajax)
AZアルクマール(AZ Alkmaar/AZ Alkmaar)
FCエメン(FC Emmen/FC Emmen)
フェイエノールト(Feyenoord/Feyenoord)
フォルトゥナ・シッタート(Fortuna Sittard/Fortuna Sittard)
FCフローニンゲン(FC Groningen/FC Groningen)
SCヘーレンフェーン(SC Heerenveen/SC Heerenveen)
ヘラクレス・アルメロ(Heracles Almelo/Heracles Almelo)
PECズヴォレ(PEC Zwolle/PEC Zwolle)
PSVアイントホーフェン(PSV Eindhoven/PSV)
RKCヴァールヴァイク(RKC Waalwijk/RKC Waalwijk)
スパルタ・ロッテルダム(Sparta Rotterdam/Sparta Rotterdam)
FCトゥウェンテ(FC Twente/FC Twente)
FCユトレヒト(FC Utrecht/FC Utrecht)
フィテッセ(SBV Vitesse/SBV Vitesse)
VVVフェンロー(VVV-Venlo/VVV-Venlo)
ヴィレムII(Willem II/Willem II)

◆最近の概要
2018-2019シーズンのエールディヴィジで優勝したアヤックス・アムステルダムはUEFAチャンピオンズリーグで準決勝進出を果たし、充実の時を迎えている。アヤックス・アムステルダムとPSVアイントホーフェンは5万人や3万人集まるスタジアムを満員にする力があり、それが好成績に結びついている。ただこの2強とそれ以外の戦績の差が激しい。エールディヴィジは小国のリーグであり、基本的に集客には苦戦している。4〜7位のチームに対してヨーロッパリーグの予選1枠を巡って実施するプレーオフ制度はここでは不可欠といえる。
堂安律(PSVアイントホーフェン)、菅原由勢(AZアルクマール)、板倉滉(FCフローニンゲン)、中村敬斗(FCトゥウェンテ)、中山雄太(PECズヴォレ)の5人もの日本人選手がプレーしている。国際化を感じさせるリーグである。
ただしコロナウイルスの流行に伴い、3月9日の公式戦を最後にエールディヴィジが延期されている。

◆最終更新日時
2020/3/16

◆こちらの記事もオススメ
スペインのプロサッカーリーグのまとめ
ドイツのプロサッカーリーグのまとめ
イングランドのプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!