2019年のACLに挑戦するチームについて

先日書いた記事]の段階から色々とACL出場クラブが決まってきたので、改めて整理する。

◆グループA
アルワスル(UAEプロリーグ3位)
アルザウラー(イラクプレミアリーグ優勝)
西側プレーオフ4勝者
西側プレーオフ2勝者

※西側プレーオフ4
アルガラファ(カタールスターズリーグ4位)vs西側予選2回戦4の勝者
※西側予選2回戦4
ゾブ・アハン(ペルシア湾プロリーグ準優勝)vs西側予選1回戦の勝者
※西側予選1回戦
アルワフダート(ヨルダンリーグ優勝)vsアルクウェート(クウェートプレミアリーグ優勝)

※西側プレーオフ2
アルナスル(サウジプロフェッショナルリーグ3位)vs西側予選2回戦2の勝者
※西側予選2回戦2
AGMK(ウズベキスタンカップ優勝)vsイスティクロル(タジクリーグ優勝)

◆グループB
アルイティハド(サウジアラビアキングカップ優勝)
アルワフダ(UAEプロリーグ準優勝)
PFCロコモティフ・タシュケント(ウズベキスタンスーパーリーグ優勝)
西側プレーオフ3の勝者

※西側プレーオフ3
アルラーヤン(カタールスターズリーグ3位)vs西側予選2回戦3の勝者
※西側予選2回戦3
サイパ(ペルシア湾プロリーグ4位)vs ミネルヴァ・プンジャブ(Iリーグ優勝)

ウズベキスタンスーパーリーグはPFCロコモティフ・タシュケントとパフタコールで優勝を争っていたが、PFCロコモティフ・タシュケントの優勝が決まった。

◆グループC
アルドゥハリ(カタールスターズリーグ優勝)
アルヒラル(サウジプロフェッショナルリーグ優勝)
アルアイン(UAEプロリーグ優勝/UAEプレジデントカップ優勝)
エステグラル(ハフジカップ優勝/ペルシア湾プロリーグ3位)

クラブワールドカップに出場したアルアインがこのグループに入る。
アルアインには塩谷司が所属している。

アジアカップには、塩谷も含めて9人も代表選手としてエントリーされた。
アルアインの代表選手は塩谷だけではない。

アルアインは日本のクラブではない。
アルアインは「塩谷」というクラブでもない。

おい、日テレ!
他のアルアインの選手にもUAEの国民にも失礼だぜ!

◆グループD
ペルセポリス(ペルシア湾プロリーグ優勝)
アルサッド(カタールスターズリーグ準優勝)
アルアリ(サウジプロフェッショナルリーグ準優勝)
西側プレーオフ1の勝者

※西側プレーオフ1
アルナスル(UAEプロリーグ4位)vs西側予選2回戦1の勝者
※西側予選2回戦1
パフタコール(ウズベキスタンスーパーリーグ準優勝)vsアル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ(イラクプレミアリーグ準優勝)

鹿島アントラーズと今年の決勝で死闘を繰り広げたペルセポリスがこのグループに所属。

アルサッドからはアジアカップになんと10人も代表選手にエントリーした。

ウズベキスタンスーパーリーグ準優勝のパフタコールが予選2回戦から参戦する。

◆グループE
慶南FC(Kリーグ1準優勝)
ジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシアスーパーリーグ優勝)
東側プレーオフ4の勝者
東側プレーオフ2の勝者

※東側プレーオフ4
鹿島アントラーズ(Jリーグ3位)vs東側予選2回戦4の勝者
※東側予選2回戦4
ニューカッスル・ジェッツ(Aリーグレギュラーステージ2位)vs東側予選1回戦4の勝者
※東側予選1回戦4
ホーム・ユナイテッド(シンガポールプレミアリーグ準優勝)vs ペルシジャ・ジャカルタ(インドネシア・リーガ1優勝)

※東側プレーオフ2
山東魯能(中国FAカップ準優勝)vs東側予選2回戦2の勝者
※東側予選2回戦2
バンコク・ユナイテッド(タイリーグ1準優勝)vsハノイ(Vリーグ優勝)

このグループに入る韓国勢が慶南FCになった。
これに今年から本大会ストレートイン枠を得たマレーシア勢が加わる。

実はこの2チームは、アジアカップに選手を送り込んでいない。

天皇杯の結果を受け、東側プレーオフ4に出場するチームが鹿島アントラーズに決まった。

鹿島からはチョン・スンヒョンがアジアカップに参戦している。
鹿島が今大会も活躍する為には、休養十分の相手を倒さないといけない。
その前にプレーオフをくぐり抜ける必要があるのだが。

◆グループF
広州恒大(中超準優勝)
大邱FC(韓国FAカップ優勝)
メルボルン・ビクトリー(Aリーググランドチャンピオン)
東側プレーオフ3の勝者

※東側プレーオフ3
サンフレッチェ広島(Jリーグ準優勝)vs東側予選2回戦3の勝者
※東側予選2回戦
チェンライ・ユナイテッド(タイFAカップ優勝)vs東側予選1回戦3の勝者
※東側予選1回戦3
セレス・ネグロス(フィリピンフットボールリーグ優勝)vsヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマーナショナルリーグ優勝)

近年の日本勢の戦績が中国勢に抜かれたことで、日本勢はJリーグで準優勝してもプレーオフを闘わないとACLに出場できなくなった。

このグループにはパウリーニョやグラルの居る広州恒大と本田圭佑の居るメルボルン・ビクトリーがいる。

広州恒大からは相変わらずアジアカップに6人もの選手を送り出している。
ただしメルボルン・ビクトリーからは招集選手ゼロ。
このチームはAリーグで2位。絶好調だ。

広島からは佐々木翔と青山敏弘の2人がアジアカップに招集。

ACLは苦戦しそうな気がする。

◆グループG
浦和レッズ(日本天皇杯優勝)
北京国安(中国FAカップ優勝)
全北現代モータース(Kリーグ1優勝)
ブリーラム・ユナイテッド(タイリーグ1優勝)

4チームが全てタイトルホルダー。
有り体に表現すると「死の組」である。

Kリーグ1で独走した全北現代モータース。
こちらもタイリーグ1で独走したブリーラム・ユナイテッド。
そしてカップ戦で本戦ストレートインの権利を勝ち取った北京国安。

中々手強いグループだ。

全北現代モータースがサガン鳥栖からDFキム・ミンヒョクを獲得したりブリーラム・ユナイテッドがフィリピン代表のLBパーリャをオーストリアのザンクト・ペルテンを獲得したりと、ライバルの補強が着々と進んでいる。
これにレッズが杉本健勇や鈴木大輔などの補強で対抗している。

それにしてはレッズは退団選手が少々多いのだが。

レッズからは現在アジアカップに槙野智章が日本代表として、ナバウトが豪州代表として参戦している。

全北現代には超ベテランのストライカーのイ・ドングッが健在だ。

北京国安には現役セレソンのレナト・アウグストがプレーしている。
ロシアワールドカップのベルギー戦で得点した事でも知られている。

ブリーラム・ユナイテッドがどういうわけかタイの国民的アイドルグループBNK48と接近している。

ちなみに柏レイソルからブリーラム・ユナイテッドに移籍した細貝萌の背番号は7番になりそうだ。

手強い相手ばかりだ。
だが誰も成し遂げていないACL3冠を最初に成し遂げるのはレッズだ!

◆グループH
シドニーFC(Aリーグレギュラーステージ優勝)
川崎フロンターレ(Jリーグ優勝)
上海上港(中超優勝)
東側プレーオフ1の勝者

※東側プレーオフ1
蔚山現代(Kリーグ1で3位)vs東側予選2回戦1の勝者
※東側予選2回戦1
ペラク・ユナイテッド(マレーシアスーパーリーグ準優勝)vs傑志(香港プレミアリーグ優勝)

2017-2018シーズンのAリーグ得点王ボボーがトルコのアランヤスポルに移籍した。
それが少し影響しているのか、シドニーFCは現在Aリーグで3位である。

韓国FAカップ決勝の結果を受けて、このグループのプレーオフに入る韓国勢が蔚山現代に決まった。

上海上港は川崎フロンターレと同様、つい最近までタイトルに縁がなかった。
オスカル、エウケソン、フッキといった外人部隊が強烈だ。
但し昨シーズンの中超得点王はこのチームの中国人ウー・レイ(27ゴール)。

上海上港こそアジアカップに4人も選手を送っている。
ただしこのグループはアジアカップに選ばれた選手の数が際立って少ない。

Jリーグ優勝チームの川崎フロンターレに至っては、招集選手ゼロ。

これがどう影響するか?

2019年も目が離せない。

※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
中国のプロサッカーリーグのまとめ
韓国のプロサッカーリーグのまとめ
タイのプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!