成功体験を得る

やってもやっても、成功体験を得られない。

そうすると焦る。
疑心暗鬼になる。
自分を信じられなくなる。
鬱にもなってくる。

今の俺もそういう状況だから、レッズの選手達の気持ちは痛いほどよく分かる。

今日の試合にしても、そうだっただろう。
先制こそしたが、逆転されるんじゃないか。
その証拠に良いように球を回されてるじゃないか。
監督だって変わってしまったじゃないか。
今までのように、このままじゃやられる。
そういう思いで選手は闘ってたと思う。

今日の試合にしても、レッズの選手は球を奪った時の意識共有が出来ていない。
球を奪っても、ロクに繋がらずに仙台の選手に渡り、長い守りの時間になる。
西川からのフィードすらまともに味方に繋がらない位だ。
成功体験に飢えてた選手は、疑心暗鬼になってたと思う。

だが今日、成功体験を掴んだ。

「こうすれば良いんだ」を掴んだことで、プレーのイメージが出来る。
自分を味方を信じられるようになり、球が回りやすくなる。

今日のサッカーは、ハッキリ言ってカッコいいサッカーじゃない。
ずっと自陣内に押し込まれていたし、マウリシオなど去年なら考えられないミスをした選手も多かった。
カウンターのキレだって、去年ACLで見せた鋭さは無い。
調子の良い時なら、たとえ勝ってもブーイングが出るサッカーだっただろう。

でも俺は、今のこのカッコ悪いレッズを応援する。

勝つまで長く長くかかってしまった。
埼スタで勝ったのは去年11月25日のACL決勝アルヒラル戦以来だし。
Jリーグに関して言えば、埼スタでの勝利は8ヶ月近くご無沙汰だった。
試合後にシャッターが閉まるオーロラビジョンを見て「文化シャッターがまだスポンサーでいてくれてたんだ」と思ったくらいだ。

今のレッズに一番必要なのは、結果だ。
結果が出れば、球は回り出す。
カッコいいサッカーは、結果を出して調子が良くなった後に付いてくる。

成功体験さえ掴めば、流れは必ず変わる。

俺もレッズに続くぜ!



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
浦和の低迷を防ぐためにフロントがすべきこと
浦和レッズ降格危機
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!