女性は救命措置をしてはいけないのか?

救命措置する女性を土俵から追い出した例のニュースが、さっそく海外でも報じられてる。

イギリスで。アメリカで。韓国で。ブラジルで。

悪事千里を走る。

いや、日本からブラジルまで2万km近くある。
1里≒4kmだから、悪事は五千里も走ったのか。

ネット社会である今は、情報が駆け抜けるスピードが昔とはケタ違いだ。
これで「日本を代表する観光地」として外国人に認識されていた京都のイメージは、「一般人が倒れても女性が助けてはいけない場所」に変わってしまった。

これで、京都を訪れる外国人観光客は一気に減る。

「これでメンドーな外国人対応をしなくていい」と考えてるそこのオマエ!

オマエの給料は観光客が払った金の中から出てるんだ。

あとで泣きを見ても、知らねえぜ。

公益財団法人とは日本の公益を損なう団体のことを言うみたいだ。

韓国でも #metoo ムーブメントが起きているこのご時世に、「女性は降りてください」
日本は鎖国国家か?

とにかく色んな意味で、問題あり過ぎる。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
体罰は日本の文化か?
騙されたくなければネットやSNSで勉強しろ
命より大事なしきたりなんてあるのか?

Follow me!