戻るべき場所に戻るまであと1つ!

天皇杯準決勝の浦和レッズvs鹿島アントラーズ戦に現地参戦してきた。

気づいた人もいるだろう。

「浦和レッズvs鹿島アントラーズ」と表記すれば、ホーム扱いになるのは左側のチームの浦和レッズの方。

「なぜレッズのホーム扱いなのに、場所がカシマサッカースタジアムなのか?」って?

これが日本のカップ戦のルールである。
「日本サッカー協会の仕様だ」としか言いようがない。

他の国のカップ戦なら、大抵「こういう場合はどちらのホームで行うか」を大会規定に明記してあるものなのに。

カシマサッカースタジアムは、実に堂々としたスタジアムだ。

はるか彼方からでも、この屋根は目立つ。

スタジアムの道路を1つ挟むと、鹿島アントラーズの創設者にして現テクニカルディレクターのジーコの銅像がある。

彼は鹿島アントラーズの基礎を作った。
ここのサポーターの中には、「Spirit of Zico」の弾幕を掲げる人もいる。

寄り道もそこそこに、急ぎ足で入場門をくぐった。

カシマスタジアムのスタジアムグルメでは、もつ煮が美味しいと評判になっていた。
ここでは、スタジアムの中でも火を使って調理できる。

腹が減っては戦が出来ないので、購入してみた。

食べてみた。

確かに美味い!

寒さが気になる時は、これで体が温まる。
もつ煮は鹿島アントラーズの集客の大きな武器である。

鹿島アントラーズのスタッフは、レッズサポーターにももつ煮を売ってくれるのか!

考えてみれば当然なのか。
「ホーム」のサポーターなのだから。

さて、俺が行くべきゴール裏に行こうとしても、行くまでの道筋の途中に妙なフェンスがある。

係員にきいたところ、「一旦入場門を出て再度別の門から入らなければいけない」と言う。

どおりで妙にもつ煮が美味いと思った。
もつ煮なんか食ってる場合じゃなかった。

急いで入場門まで言って別のスタッフにチケットを見せたところ「このチケットでは再入場ができません」と言う。

え?

ここまで来て、試合を観られないのか?
俺は「ホーム」のサポーターなのに?

その係員が続けた。
「フェンスの所まで言って、近くの係員にチケットを見せて事情を話して下さい」と。

その通りにしたら、無事にゴール裏への道を通してくれた。

ゴール裏に到着。

カシマスタジアムはサッカー専用スタジアム。

総合競技場のように陸上トラックが視界を妨げない。
観客席の最前列がピッチの高さに近い。

臨場感あふれるスタジアムだ。
サッカーはやはり専用スタジアムでやるに限る。

さて「ホーム」の浦和レッズの選手がなぜか白のユニフォームを着用。

Jリーグを5位で終えてしまったレッズは、鹿島アントラーズと違って天皇杯で優勝しないとACLに出られない。

レッズにとって、この試合は後のない大事な大事な大一番だ。
大事な試合でしかコールされないWe are Redsコールを試合前に叫んだ。

試合が始まったら、どちらかといえば鹿島のペースになっていた。
レッズの「ホーム」の試合ではあったが、敵の隙を狙う展開になっていた。

それでも中々敵は隙を作らない。

西川からのパントキックは、ほぼほぼ鹿島の選手がつかんでいた。

そんな中、レッズの貴重なコーナーキックのチャンスを迎えた。

身長182cmのマウリシオのチャントが鹿島の夜空にこだました。

そのマウリシオが、頭でゴールに押し込んだ。
貴重な貴重な先制点だ!

その後も鹿島優勢の試合展開は変わらない。
リードこそこちらが保っているものの、「アウェー」チームにここまで球を持たれるなんて。

ハーフタイムになって後半を迎えた時、サポーターが中央に移動し肩を組んだ。

この状態で飛び跳ねながらコールする「歌え浦和を愛するなら」のチャントも、大一番限定だ。
それだけこの試合は、レッズにとって大事だ。

ACLの挑戦権を既に確保していてクラブワールドカップが迫っているはずの鹿島の選手のプレーが荒くなっていく。

レッズの交代枠いっぱいの3人の交代の理由が、3人とも負傷交代だ。

いくらなんでも、これはねえだろ!

ACLでさえ、3人とも負傷で交代する試合は見かけない。
それなのに鹿島とやるとこうなるなんて!

これで「絶対に鹿島には勝たなくちゃいけない」という気持ちが強くなった。
これ以上「アウェー」の奴らに「ホーム」で好き勝手にさせてたまるか!

1つしかないボール目がけて、必死の展開が続く。

あと10分。あと5分。守ってくれ。

そして試合終了。

再びWe are Redsコールが鹿島の空にこだました。

1-0。1点差での勝利。

西川が久々のクリーンシートで試合を締めた。

クリーンシートの試合なのに、「ホーム」なのに大型ビジョンには閉まるシャッターの動画と共に「Nice shot out!!」のテロップが付く文化シャッターの広告がない。
「ホーム」の試合なのに。

スタジアムを後にし、車で移動した。

その道中が大渋滞。
平日の夜なのに、大渋滞。

無理もない。
鹿島は海と湖と川で囲まれている。

つまり大きな道路の数が極端に少ない。
当然、試合の日の大渋滞は避けられない。

いつもと違う場所で「ホーム」の試合を開催すると、いつもと勝手の違うことが起こる。

まだレッズは準決勝で勝っただけ。
決勝で何かを成し遂げたわけじゃない。
まだレッズは何も手をしていない。

ベガルタ仙台を倒し、戻るべきアジアの舞台に戻ろう!

あと1つだ。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
レッズサポの俺が鹿島サポだらけのバーに行ってみた
17年間浦和で闘ってきた漢の花道
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!