飲食店やスーパーは年末年始は休もう

中華そばチェーンの幸楽苑が年末年始の休業を決めた。

もちろん、俺は歓迎する。

ただ、このニュースが驚きを以て伝えられている。

バブルの頃は、飲食店もスーパーも週1日の定休日があるのが常識だった。
お盆や暮れ、正月は店を閉めるのも常識だった。

今、飲食店チェーンやスーパーでは定休日が無いのが常識だ。
盆暮正月も休みなく店を開けるのも常識だ。

常識は時代によって変わる。

もし幸楽苑がバブルの頃に年末年始休業を発表しても、ニュースにならなかっただろう。
今だからこそ、ニュースになる。

今まで正月に休んでいたのが常識な中で、いきなり自発的に全てのチェーンが正月に店を開けるわけがない。

いきなり変わらないからこそ、常識なんだ。

常識が変わったのには、理由がある。

バブルが弾けたから?

日本とあまり変わらない位貧しい国でも、バカンスの時期に休みを取る国がそこら中にある。
日本だって、個人で看板を掲げているどう考えても客入りの少ない店が定休日を設けている。
盆や正月には普通に店を閉める。

365日無休の常識は、今の日本のチェーン店の常識だ。

バブルの頃に会社の上司に「年末年始も店開けろ」と言われたら、店員は年末年始を休める同業他社に迷わず転職するだろう。

今、飲食店やスーパーの従業員が同じ事をしても、失業者になるだけだ。

それならそのチェーンの会長や社長も、年末年始も働いているか?

どう考えても休んでいると思う。
嘘だと思うなら、正月にそのチェーンの本社に電話をかけてみればいい。

俺が思うに、従業員に休みも金も与えずにラクしてこき使いたいと考えた経営者同士がタッグを組んで、常識が変わったのではないか?

店を休ませずに働かせることほど、経営者にとってラクなことはない。
短期的には売り上げが増える。
しかも経営者にとって、何の営業努力も要らない。

長期的に見ると、その姿勢では自分の首を絞める。

労働環境が劣悪な職場には、他では相手にされない者しか働けない。
当然、モラルが低下する。

経営者は更にラクして儲けようと、そこに外国人留学生を雇う。
留学生が帰国して、日本の実情を言いふらす。
「やっぱり日本はkaroshiの国だ」と。

消防士や介護職のようなライフライン系の職種なら、年末年始も働くのは仕方ない。

飲食店やスーパーが年末年始に店を閉めて、人が死ぬか?

おせち料理を用意すれば良いじゃないか!

正月は絆を温めるためのもの。
不要不急の業種で働く従業員に不粋な真似をさせるのは、やめようぜ。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
被害者が加害者に反撃する効果的な方法とは?
自動的に入る情報だけに頼るとどうなるか?
どんなルールでも従わないといけないのか?

Follow me!