被害者が加害者に反撃する効果的な方法とは?

芸能プロダクションの社長が、火のついた鍋に従業員の顔を突っ込んだ事がニュースになっている。

正直、胸糞悪すぎる。

控えめに言って、野蛮な事件だ。

これは悪ふざけでもパワハラでもない。
立派な暴行事件だ。

俺がもし同じ事をやられたら、その場で同じことをやり返す。
たとえ相手が社長でも会長でもだ。
それすら不可能な状況なら、以下に記す行動を採る。

顔が命の芸能界で、顔に後遺症の残る行為を芸能プロの社長が強行する。
これは自分の商売道具を壊すことだ。

これが当たり前じゃ、テレビのバラエティ番組がくだらなくなるはずだ。
ヤラセ番組だってできるはずだ。

ところで、このライブドアを含む一連のメディアでのこの件の報道に、俺は違和感を1つ感じている。

加害者の会社名を伏せている。

日本のメディアは加害者の味方だ。

嘘だと思うなら、こんな事件が起これば外国ではどう報じるかを見ればいい。

外国で起これば、加害者の社名と名前は必ず報じられる。
それも1回きりで終わりではなく、連日の様に執拗に報道する。

さて、この「鍋に顔事件」の被害者である従業員は、刑事告訴を検討しているという。

だが裁判になって被害者が勝訴しても、残念ながらその事を日本のメディアは報じないだろう。

最後まで、一般人には誰が加害者か分からない。
それでは鍋に顔を突っ込んだモン勝ちだ。

仕事の世界まで暴力がモノを言うなら、あらゆる法律が通用しなくなる。
ヤクザが一番偉い国になってしまう。

そんな国を、他の国の人が信用するだろうか?

少なくともビジネスの世界では、相手にしなくなる。
法律が通用しない野蛮な世界なのだから。

「誰が加害者か」すらメディアが伏せる野蛮な世界で、被害者が加害者に反撃するにはどうすればいいか?

SNSを使えばいい。

暴行を働いた会社名と被告の名前を書いて、「暴行罪で訴える」と投稿すれば良い。

そんな前例ない?
関係ねえ。

メディアが味方にならなくても、世論が味方する。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
自動的に入る情報だけに頼るとどうなるか?
体罰は日本の文化か?
どんなルールでも従わないといけないのか?

Follow me!