観られないサッカーを想う

俺は今、経済的事情でスカパーを観られない。
だから今晩のレッズのルヴァン杯を観られない。
大槻の初陣を観られない。

こんな時「サッカーを観たい時に観られる事がどれほどありがたいか」と痛感する。
好きなスポーツを観られるのは、当たり前じゃないんだ。

だからこそ今を大事にしなくちゃいけない。

俺の状況がこんなんだからこそ、尚更レッズには勝ってほしかった。
レッズもまた光が見えず苦しんでいる。
監督を変えても選手を変えても、もがき続けている。

今のレッズを救い出せる監督が現れるまで、急場しのぎの大槻でなんとかするしかない。
去年の暮れには、今頃こうなるなんて正直思いもしなかった。
「アジア制覇の副作用だ」と言えば、言い過ぎだろうか?

俺もレッズも、今は苦しい。

楽は苦の種。
苦は楽の種。

あの時に沢山苦しいから、今の幸せがある。

その日が来るのを信じよう。

今は静かに闘うしかない。
輝く明日のために。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
サポーターはお金じゃ買えない
スタジアムに行けない人はサポーターじゃないのか?
サッカー観戦初心者がやりがちなたった1つのミス

Follow me!

前の記事

副業の是非