次にアジアを狙うクラブ

鹿島アントラーズがアジアの頂点の座を狙いにイランに渡り、ペルセポリスが虎視眈々と迎え撃つ。
その裏で、来年のACL出場に向けての争いが着々と進んでいる。

ACLの出場枠には、優先順位がある。

1つの国から出られる枠が4チーム有る場合のことを考えよう。
この場合、優先順位は以下の様になる。

1. 国内リーグの優勝チーム
2. 国または地域のカップ戦の優勝チーム
3. 国内リーグの準優勝チーム
4. 国内リーグの3位のチーム

カップ戦優勝チームが国内リーグで3位以上に入り枠が重なった場合は、国内リーグの次点のチームに枠が繰り下がる。

さて、日本勢に与えられた出場枠は「本戦ストレートインが2チーム+プレーオフから参戦が2チーム」である。

日本の場合の国または地域のカップ戦とは、天皇杯を指す。
ルヴァンカップはリーグカップ、つまりJリーグのカップ戦なのでACL出場の対象とはならない。

つまり基本的に

1. Jリーグの優勝チーム(→本戦ストレートイン)
2. 天皇杯優勝チーム(→本戦ストレートイン)
3. Jリーグの準優勝チーム(→プレーオフから参戦)
4. Jリーグの3位のチーム(→プレーオフから参戦)

ただしレッズと鹿島は3位以上でJリーグを終え、なおかつ天皇杯で優勝する可能性がある。

Jリーグで準優勝し、天皇杯で優勝した場合の出場枠の中身は

1. Jリーグの優勝チーム(→本戦ストレートイン)
2. 天皇杯優勝チーム(→本戦ストレートイン)
3. Jリーグの3位のチーム(→プレーオフから参戦)
4. Jリーグの4位のチーム(→プレーオフから参戦)

Jリーグで3位になり、天皇杯で優勝した場合は

1. Jリーグの優勝チーム(→本戦ストレートイン)
2. 天皇杯優勝チーム(→本戦ストレートイン)
3. Jリーグの準優勝チーム(→プレーオフから参戦)
4. Jリーグの4位のチーム(→プレーオフから参戦)

レッズか鹿島が天皇杯で優勝すれば、Jリーグ4位のチームにまで可能性が広がる。
なので天皇杯は是非レッズの応援をよろしく。

さて、天皇杯では現在勝ち残っているのがレッズ、鹿島、仙台、甲府、山形の5チーム。
甲府と山形はJ2のチームであり、来年のJ1昇格の可能性は絶たれている。

つまり来年のACLはJ2のチームがグループステージから参戦する可能性がある。

J2の試合数は42試合(J1は34試合)あるので、J1勢以上の過密日程になる。
当然、昇格争いに影響を及ぼす。

さて、J1は上位2チームこそ頭1つ抜け出ているが、そこから下は団子状態だ。

◆J1順位表(11/9現在)
1. 川崎 63
2. 広島 56
3. 鹿島 52
4. 札幌 51
5. FC東京 49
6. レッズ 45
7. 清水 44
8. セレッソ 44
9. ガンバ 42
10. 仙台 42
11. 神戸 40
以下略

1試合消化が多い鹿島以外は3試合残っているので、10位までのチームにACL挑戦の可能性が残っている。
ACL挑戦(最低でもプレーオフからの参戦であること)が内定済なのは、現時点では川崎のみだ。
川崎は10日の試合でJリーグの優勝を決めれば、ACLで参戦するのはグループステージからになる。

11月に入って、2部リーグのチームも含めると12のチームにACL挑戦の可能性が有る。
こんな国は日本くらいだ。

さて、他の国の現時点での動向もここに記す。

【韓国】
Kリーグ1は現在2グループに分かれてのスプリットプレーオフの真っ只中。
3試合を残し、全北現代が勝ち点22もの差を付けてブッチギリの独走優勝を果たしている。

この全北現代は当然ACLではグループステージからの参戦が決定。
そこから下は団子状態の為、優勝プレーオフ参戦中の6チーム全部と韓国FAカップで生き残っている大邱FCにACL挑戦の可能性が有る。

参考までに現在の順位表を記す。

◆Kリーグ1昇格プレーオフグループ順位表(11/9現在)
1. 全北現代 83
2. 慶南FC 61
3. 蔚山現代 59
4. 浦項スティーラーズ 50
5. 水原三星 49
6. 済州ユナイテッド 47

慶南FCと残留プレーオフに参戦中の大邱FCは韓国FAカップの決勝で対戦する。
この勝者はACLではグループステージから参戦する。

韓国勢の場合、出場枠は韓国FAカップ優勝チームとKリーグ1の優勝、準優勝チームが本戦からの参戦、Kリーグ1の3位のチームがプレーオフからの参戦になる。
慶南FCが韓国FAカップで優勝してKリーグ1を3位以上で終えると、日本の場合と同様に出場枠はKリーグ1の4位までスライドする。

【中国】
中超は最終節を残すのみ。
既に1〜4位は順位が確定済。

中超の優勝チームの上海上港(初優勝!)と準優勝の広州恒大(8連覇ならず)がともにグループステージからの参戦が決定済。
3位の山東魯能と4位の北京国安は中国FAカップの決勝に進出していて、そこでの勝者もグループステージから参戦し、敗者がプレーオフに回る。

【豪州】
既に終わった2017-2018シーズンのAリーグの戦績によって決められる。

ACLに参加するのは

シドニーFC(Aリーグレギュラーステージ優勝/本戦ストレートイン)
メルボルン・ビクトリー(Aリーググランドチャンピオン/本戦ストレートイン)
ニューカッスル・ジェッツ(Aリーグレギュラーステージ2位/予選2回戦より参戦)

なお、メルボルン・ビクトリーはレギュラーステージ4位の立場から下克上を果たしてグランドチャンピオンになった。
夏のオフに本田圭佑を獲得したことでも話題になっている。

【タイ】
今年の全大会は終了済。

ACLに参加するのは

ブリーラム・ユナイテッド(タイリーグ1優勝/本戦ストレートイン)
チェンライ・ユナイテッド(タイFAカップ優勝/予選2回戦より参戦)
バンコク・ユナイテッド(タイリーグ1準優勝/予選2回戦より参戦)

【マレーシア】
こちらも今年の全日程は終了済。

ACLに参加するのは

ジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシアスーパーリーグ優勝/本戦ストレートイン)
ペラク・ユナイテッド(マレーシアスーパーリーグ準優勝/予選2回戦より参戦)

本来予選2回戦から参戦するのはマレーシアFAカップで優勝したパハンだったが、AFCライセンスを所持していなかった。

【香港】
香港プレミアリーグは秋春制を敷いているため、挑戦チームは内定済。
優勝チームの傑志が予選2回戦から参戦する。

【ベトナム】
今年のVリーグは全日程終了済。
優勝チームのハノイが予選2回戦から参戦する。

【フィリピン】
今年のフィリピンフットボールリーグは全日程終了済。
優勝チームのセレス・ネグロスが予選1回戦から参戦する。

フィリピンフットボールにはわずか6チームしか参戦していない。

【シンガポール】
今年のシンガポールプレミアリーグは全日程終了済。
準優勝チームのホーム・ユナイテッドが予選1回戦から参戦する。

優勝チームのアルビレックス新潟シンガポールはJリーグの本家アルビレックス新潟のサテライトチームであるため、ACLへの参戦資格はない。

【インドネシア】
国内リーグのインドネシア・リーガ1は残り5試合。
ACLの予選1回戦から参加するたった1つの枠を巡り、中位のチームまで参戦の可能性を残す大混戦。

今のところ出場の可能性が最も高いのは暫定首位のPSM。

【ミャンマー】
今年のミャンマーナショナルリーグは全日程終了済。
優勝チームのヤンゴン・ユナイテッドが予選1回戦から参戦する。

日本勢が決勝にまで勝ち進まないと当たらない中東勢の参加/挑戦チームについても記す。
中東の国内リーグの基本は秋春制なので、参戦状況はほぼほぼ確定済である。

【UAE】
アルアイン(UAEプロリーグ優勝/UAEプレジデントカップ優勝/本戦ストレートイン)
アルワフダ(UAEプロリーグ準優勝/本戦ストレートイン)
アルワスル(UAEプロリーグ3位/本戦ストレートイン)
アルナスル(UAEプロリーグ4位/プレーオフより参戦)

アルアインには塩谷司が所属している。

【サウジアラビア】
アルヒラル(サウジプロフェッショナルリーグ優勝/本戦ストレートイン)
アルイティハド(サウジアラビアキングカップ優勝/本戦ストレートイン)
アルアリ(サウジプロフェッショナルリーグ準優勝/本戦ストレートイン)
アルナスル(サウジプロフェッショナルリーグ3位/プレーオフより参戦)

UAEとサウジアラビアの両国にあるアルナスルは、もちろん別々のチームである。
アルヒラルを止めるチームはサウジアラビアにはいないのか?

【カタール】
アルドゥハリ(カタールスターズリーグ優勝/エミールカップ優勝/本戦ストレートイン)
アルサッド(カタールスターズリーグ準優勝/本戦ストレートイン)
アルラーヤン(カタールスターズリーグ3位/プレーオフより参戦)
アルガラファ(カタールスターズリーグ4位/プレーオフより参戦)

【イラン】
ペルセポリス(ペルシア湾プロリーグ優勝/本戦ストレートイン)
エステグラル(ハフジカップ優勝/ペルシア湾プロリーグ3位/本戦ストレートイン)
ゾブ・アハン(ペルシア湾プロリーグ準優勝/予選2回戦より参戦)
サイパ(ペルシア湾プロリーグ4位/予選2回戦より参戦)

今年のACLファイナリストのペルセポリスは、来年のACLも参加する。

【ウズベキスタン】
西アジアでは、ここの国内リーグのみが春秋制である。
ウズベキスタンスーパーリーグが進行中のため、優勝チーム(本戦ストレートイン)、準優勝チーム(予選2回戦より参戦)は未定。
ウズベキスタンカップ優勝チームであるAGMKは予選2回戦より参戦する。

【イラク】
アルザウラー(イラクプレミアリーグ優勝/本戦ストレートイン)
アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ(イラクプレミアリーグ準優勝/予選2回戦より参戦)

イラクは長年の戦火や自爆テロの悲劇を乗り越えている。
サッカーで平和が実現するように願う。

【タジキスタン】
イスティクロル(タジクリーグ優勝/予選1回戦より参戦)

【インド】
ミネルヴァ・プンジャブ(Iリーグ優勝/予選1回戦より参戦)

【シリア】
アルジャイシュ(シリアプレミアリーグ優勝/予選1回戦より参戦)

至るところで内戦状態の国でも、限定的ながら国内リーグは開催されている。
ドログバのように戦争終結をメディアに訴えるサッカー選手がこの国からも出ることを願う。

【ヨルダン】
アルワフダート(ヨルダンリーグ優勝/予選1回戦より参戦)

【クウェート】
アルクウェート(クウェートプレミアリーグ優勝/予選1回戦より参戦)

【バーレーン】
アルムハッラク(バーレーン1部リーグ優勝/予選1回戦より参戦)

ここまで書いていて思う。
サッカーは世界中で愛されている。

◆こちらの記事もオススメ
豪州のプロサッカーリーグのまとめ
タイのプロサッカーリーグのまとめ
イランのプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!