浦和レッズ降格危機

レッズがまさかの降格危機だ。

そりゃそうだ。自動降格圏内の17位にいるんだから。

去年アジア王者にまでなったチームが、何故こうなったか?

原因は1つじゃない。

対戦相手の立場からすれば、大挙してサポーターが押し掛けるチームとの試合は燃えるもの。
去年はJリーグだけでなくACLにも出てたので、研究材料にも事欠かない。

選手が痛んだままピッチに上がっている印象もある。
昨年の激戦の傷が癒えないまま、痛みを恐れておっかなびっくりプレーしている気もする。
だから球際で負けたり、選手同士の距離が間延びしたりする。
今の浦和は去年から1歳年を取っただけのチームだ。

「それでも浦和は勝たなければいけないクラブだ」という意識が、選手にも監督にも裏方にも不足している。
そうでなければ選手はもっと走る筈だ。
敵陣ゴール前に転がる球目掛けて死に物狂いで突っ込んで行く筈だ。

監督や選手が理解しているサッカーの幅が狭い。
言い換えれば勉強不足。
今日レッズでデビューしたナバウトがピッチにいる時間帯の球の動かし方が象徴的だ。

彼は見るからに胸板が厚い。
ゴール前での競り合いに絶対の自信を持っているのは間違いない。

そのナバウトを最大限に活かすサッカーは、ハンマーサッカーだ。
右SBの阿部、あるいは右ボランチの遠藤あるいは青木が、ペナルティボックスの左の外で待つナバウトにロングボールを放り込む。
ナバウトが敵と競りながらハンマーの様に球を叩き落とす。
その球目掛けて武藤や興梠が突っ込んでいく。

これは蔚山現代辺りが好きそうなサッカーだ。
「鉄槌サッカー」として、戦術が確立されている。

球を放り込む場面はあるにはあったが、ボックスの中に放り込む為、手を使えるカミンスキーに球を取られてしまう。

また放り込むタイミングがコーナーキックの時ぐらいなので、ゴール前に選手が密集したままでポジショニングのずれが起こらない。
これが右後ろから左前に対角線上に球を放れば、敵のポジショニングが微妙にずれただろうに。

勝つ為に全てを尽くす。
これが前提でないといけない。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
浦和の低迷を防ぐためにフロントがすべきこと
堀が浦和を追われた理由を考える
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!