ボランティアってなんだろう?

「2020年に控える東京オリンピックのボランティアがやりがい搾取ではないか?」

こんな風に言い古されて久しい。

東京五輪は、誘致の段階から暴力団の関与が囁かれていた。
例えば日本大学の理事長でJOC副会長も兼任している田中英寿が暴力団と深く関わっている。
最近では五輪関連の建設の仕事にホームレスを送り込み、給与をピンハネしてる事件もニュースになっている。

そんな所でボランティアに行っても、奴隷労働させられるだけではないか?

ボランティアってなんだろう?

スポーツは皆が幸せになるためにある。
ボランティアもそのためにあるべきだ。

一部の権力者や暴力団だけが幸せになるなら、ボランティアなんか無い方がいい。

そもそもなぜ五輪では職員が無報酬で当然なのか?

古代からそうだったから?

現代では多くのスポーツイベントで職員が給与を貰っている。

五輪では職員は給与がない。
それどころか衣食住費用は自腹。

今は石器時代か?

入場料はしっかり徴収している。
その金を頑張った職員に回さないのはおかしい。

金を取るだけ取って、働いている人に回さない。

五輪の興行主側には暴君と暴力団と奴隷しかいないのか?

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は「医療スタッフは気持ちのある方に」やってもらうとした上で、医療スタッフに原則報酬を出さない方針を固めた。

「労働で給与を求める者は、気持ちが無い」
そう言われている気がして不愉快だ。

仕事をするのに金をもらわないのが、当然なのか?

しかもそうさせている者は、入場料から何から色んな金がたっぷり入ってくる立場の者だ。

出す金を惜しむ一方だから、そりゃ金は入るだろう。
それでは一般人から見離される。
一般人は奴隷になるために生きているのではないのだから。

今は21世紀。
いつまでも石器時代の常識ではいけない。

常識を21世紀にアップデートしないと。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
休日でも出勤して働くのが当然なのか?
体罰は日本の文化か?
どんなルールでも従わないといけないのか?

Follow me!