サッカー観戦初心者がやりがちなたった1つのミス

サッカー観戦をこれから始めようとしているあなたへ。

スタジアムに向かう際、初心者がやらかしがちで結構致命的なミスとは、

服の色!

これはサッカー観戦初心者のまとめサイトに大抵書いてある。
俺はこれをもう少し掘り下げて書く。

埼玉スタジアム2002で開催するJリーグの浦和レッズvs柏レイソルの試合を例として挙げる。
浦和レッズサポーターの彼氏(これは一例)が、サッカー観戦未経験者の彼女を連れて車で埼スタの近くの駐車場まで来て、車から降りた。

彼氏の自分は準備万端。
真っ赤なレプリカを着て戦闘態勢。
車の外の人達も、真っ赤に染まってる。

その中に黄色い人達が混ざってる。
そして彼女の服を見ると、

黄色い服!

これ、「やっちまった事案」の典型例。

サッカーなどの団体競技のチームにはイメージカラーが有る。
例えば浦和なら赤。柏なら黄色。

彼女が来ていた服の色は、対戦相手の色。

黄色い姿で赤々とした人達と同じ席にいると、大変な事になる。
対戦相手の色(特に腰から上)を身に付けないのは、暗黙の了解だ。

こういう場合は、彼氏はスタジアムの近くの売店で、彼女のために潔く赤いレプリカを買おう。
サッカー観戦に誘う時点で対戦相手のチームカラーを調べ、その色の服を着て行かないように彼女に伝えよう。

もっと言うなら、座る席がゴール裏(自由席)の場合。
この時は相手の色以外の服というよりも、応援するチームの色の服を着て行くべきだろう。
中には服の色が違うサポーターのためにチームカラーのポンチョ式のビニールシートを配る所もある。
だがそういう所ばかりじゃない。
ゴール裏は普通、色を揃えて熱く飛び跳ねる場所。
1人だけ色が場違いだと、とても目立つので気をつけよう。

ただいくら浦和「レッズ」とはいえ、選手が赤くないユニフォームを着て試合する場合がある。

例えば北海道コンサドーレ札幌vs浦和レッズの試合を観に、札幌厚別公園競技場に行く場合。
浦和も札幌も、チームカラーは赤。
この場合、ビジターチームである浦和の選手は赤以外の色のユニフォームを着なければいけない。

どのクラブもユニフォームの色を2つ以上用意している。
今年のレッズの2ndユニフォームの色は白。
こういう場合、レッズサポーターは赤ではなく白の服を着ていかないといけないのか?
一時期レッズは2ndユニの色を緑にしてた時が有った。
レッズサポはアウェイでは赤でなく緑一色だったのか?

そんな事はない。
堂々と赤い服を着てスタジアムに行けば良い。
この場合は、対戦相手と色が同じだからといって、気にする必要はない。

ただし基本は、服装では対戦相手の色を避けよう。

川崎フロンターレのサポーターの西城秀樹もやらかしていたらしい(「浦和レッズ戦に観に行ったが、自分の服の色を見たら赤だった」とラジオ番組で語っていた記憶が有る)。

意外と盲点なので、気をつけよう。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
サッカーキッズをJリーグの客席に連れて来よう
サポーターはお金じゃ買えない
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!