挑発行為で謝る必要が有るのか?

7日のJリーグの試合で、清水エスパルスがジュビロ磐田に5-1で勝った。
その試合後に清水サポーターが磐田の勝利時の歌を歌った。

後日、清水はこの磐田に対する挑発行為をクラブとして容認できないとし、二度と行われないように対処するというアナウンスが公式サイトでなされた。

謝罪した事で、清水サポーターは今後静岡ダービーでは煽り文句を一切使えない。

相手を煽る行為は、世界中にある。
それもサポーターだけでなく、クラブ関係者が自ら進んでやっている。

上海上港は浦和レッズとのACLを前にして、クラブのイメージキャラクターである鷹が嘴に紅いダイヤモンドをくわえながら翔ぶ画像を公式サイトのトップページに挙げた。
言うまでもなく、レッズに対する挑発だ。

広州恒大は鹿島アントラーズとACLで闘う際、鹿の折れた角の画像に「鹿死。誰」(鹿が死んでる。誰の仕業か?)という文字を添えた物を公式サイトに挙げた。
ブラジルの人気クラブであるコリンチャンスは、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズを倒してコパ・リベルタドーレスを制覇した際、「Cala Boca」(ボカよ黙れ)という大きな文字を公式サイトにアップし、関連グッズを販売した。

日本でもプロ野球では千葉ロッテマリーンズが交流戦の際に対戦相手を煽るエピソードを盛り込んだ漫画のポスターを作成した。
プロスポーツなのに煽りや挑発を受け入れないのは、Jリーグ位だ。

よその国では、他の種目ではクラブスタッフが当然のようにやる煽りが、なぜ日本ではサポーターがやってもダメなのか?

煽りはダービーを面白くするスパイスではないのか?
スパイスも塩気も全くない無味乾燥なスパゲッティを食っても旨いのか?

試合前や試合中に挑発されたら、「コイツらを絶対に倒してやる!」と発奮すれば良いじゃないか。
試合後に煽られたら、「次に会ったら試合でボコボコにしてやる!」と奮起すれば良いじゃないか。

なぜそれではダメなのか?

30年以上前は違った。

キャプテン翼の中学生編でこんなシーンが描かれている。

全国サッカー大会の決勝で、前半に早々と東邦が2-0と点差を付けた。
その時東邦のエースストライカー日向小次郎が、南葛のキャプテン大空翼の目の前でVサインを掲げた。
日向は伸ばした2本の指を3本、4本と増やし、「もっと点差を広げてやる」と翼を挑発した。

この行為に翼が採った行動とは、「日向をぶっ潰す」と怒る事だった。

その後南葛が追い上げを見せ、両校同時優勝を果たした。

もしこの後で日向の挑発行動で東邦の校長が南葛に謝罪していたら、どうなっていたか?

南葛の選手は、自分達の誇りを守らない南葛側の対応に失望しただろう。
岬は即座に転校していただろうし、石崎はこの時点でサッカーを辞めていただろう。

そんなストーリーで読者は楽しめるか?

事実上ほぼ単民族社会の日本では、「他と違う事はいけない事」だと学校で教育される。

だから他人と違う行動をしただけで謝る人が、日本人には多い。
事の良い悪いとか、自分に本当に非が有るかどうかは関係なしにだ。

挑発は今の日本人の文化にはない。
和を保ち穏便に事を済ませるのを美徳とする。

他と違う事が問題とされ、問題を抱えているというだけでその人が厄介者扱いを受ける。
だから自分に非がなくても先に謝る事で「自分にはもう問題ないアピール」をする人が日本人には多い。

勝負事の世界では、この風習は大きな間違いだ。

謝るという事は、全責任を負うことだ。

サッカーでこれをやると、サポーターのクラブへの不信を招く。

「俺たちは闘ってるのに、クラブは一緒に闘ってくれないんだ」

サポーターがそう考えるのは当然だ。
そのサポーターはもう今までのように情熱をクラブに注がなくなる。

静岡ダービーでは磐田の選手が清水の歯を折ったり、磐田の選手が清水の選手との握手を拒否したりとかが有った。
そちらに対しての磐田側の謝罪もないのに、一方的に清水側は誤った。
清水サポーターが「ウチのフロントは磐田の味方なのか?」と思って当然だ。

それどころかそれ以上の具体的な行動を磐田から要求される可能性すらある。

特にサッカーにはACLのように外国に出向いて外国のクラブと闘う試合がある。

簡単に謝っていたら本当に賠償問題に発展する。
国際問題に発展して総理大臣が動く事態にもなる。

冒頭の例では、上海上港も広州恒大もコリンチャンスも一切謝罪していない(俺としてはレッズへの挑発行為に関しては上海上港が謝ってほしいが)。

自分に明らかに非が有る場合は、謝らなければならない。
自分に非がない場合、特に相手に非が有る場合は、絶対に謝ってはいけない。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
ダービーとはプロレスだ
だからレッズサポーターは叩かれる
日本のプロサッカーリーグのまとめ

Follow me!