ハリルホジッチ解任論

4年前、日本代表の監督はザッケローニだった。

親善試合の多くは日本で行われた。
たまに外国でやる試合では3勝2分け3敗。
その状況で乗り込んだW杯では0勝1分け2敗。
2得点6失点という惨憺たる戦績でブラジルを後にした。
その大会で、どのチームよりも走ってないのが日本代表だった。

W杯終了後、変わったのは監督だけ。
アギーレは就任直後に八百長疑惑が発覚。
そこでまた監督交代。ハリルホジッチになり今に至る。

親善試合の多くは例によって日本で行われた。
たまに外国でやる親善試合は、6試合中未勝利。
ザッケローニの時より悪くなっている。

直近の親善試合だったマリ戦でもウクライナ戦でも、日本の選手の走らなさ加減が目に付いた。

こういう状況では、どこにいるべきか。
それが瞬時に判断出来るほど選手に落とし込まれていないと、選手は動きようがない。
選手は走らない。どこに走ればいいのか分からないのだ。
走るべき場所の約束事を決めるのが、監督の役目だ。
それが戦術というものだ。

今の代表の体たらくは、監督によるものが大きい。
4年前のリプレイを見ているようだ。
いや、4年前より悪くなっている。

監督を選んだのは、日本サッカー協会の重役ではないのか?
監督を承認したのは、会長の田嶋ではないのか?

4年前のW杯をキチンと検証していれば、アギーレの様な疑惑のある者を認めない筈。
身辺調査すらまともにしなかった証拠だ。
そしてアギーレをクビにした責任は、誰も取らない。

このままなら、W杯の結果など目に見えてる。
その時、協会の連中は誰1人責任を取らないだろう。
監督の首だけ変えて終わりだ。

俺が一番恐れているのは、そうやって協会がデタラメな仕事してデタラメな監督を連れてきてデタラメなサッカーで将来W杯本大会出場を逃してしまう事だ。

その時、古くから有るメディアは「サッカーなんか応援しても、W杯に出られない」と言い出すだろう。
そうなれば、恐らくサッカーの話題は二度とテレビで流れなくなる。
たとえその後W杯に出られるようになったとしてもだ。
オールドメディアは既得権益と「サッカーなんか応援しても」という既成事実を盾に、サッカーをメディアで流さないだろう。
日本サッカーに計り知れないダメージを与えることになる。

その時、それまでの協会の重鎮は、絶対に責任を取らない。

サッカーを愛する者として、それで良いのか?

俺なんかが声を荒げたところで、協会の連中が無視するのは分かりきっている。
だが今このまま何も言わなければ、いつかきっとこうなる。
監督や協会に原因が有るのは明らかだ。
だから俺の大好きなサッカーを破滅に導かせないように、監督や協会を牽制するのだ。



※本ブログの広告からの収益金の1%を多発性硬化症や視神経脊髄炎の患者の支援団体であるMSキャビンに寄付いたします。

◆こちらの記事もオススメ
W杯は大丈夫か?【日本代表 vs マリ代表】
評論家を評論する
bet365でのサッカーW杯優勝国のオッズ(2018/3/28現在)

Follow me!